⽪膚にガラスカップを当て、カップ内の空気を抜き中を陰圧に保つことで、⽪膚を引き上げていきます。それにより、引き上げられた⽪膚の下を走る血管が拡張させられ、血行促進、代謝の向上、脚や背中に停滞した⽼廃物排出などを手助けすする作用があると思われます。(⽬的により手法は異なります)カッピング療法とも⾔われ、エステなど美容の場でも部分的に気になるところにつける⽅が増えていらっしゃいます。