鍼を刺して、間を置かずにすぐ抜いてしまう「即刺即抜」という手技がある他、鍼を刺⼊したままお客様を放っておくことは、まずあり得ません。そして、鍼⾃体に恐怖を感じる⽅には、最初から鍼はお勧めしません。

【もっと詳しく】
「鍼を受けなければ治らないのでは?」という質問を何度かされたことがありますが、鍼も灸もマッサージも、「方法」が違うだけで、身体を楽にする目的はほぼ一緒だと思っています。
「血管や神経を圧迫していた筋肉を柔らかくする」→「体の流れ・循環が改善」→「老廃物が排出しやすくなる」→「老廃物が溜まりにくく固まりにくくなる」→「ほぐれているため少しの運動で筋肉が緩められる」
この好循環を取り⼊れて頂くと、頻繁に施術に通っていただかなくても、ご自身で動かしているうちに
「痛みを意識しなくなる」ようになります。